固定資産税に関する申請書はこちらをご利用ください

更新日:2021年12月01日

ページID 10910

申請書ダウンロード(税務納税関係)

固定資産税関係申請書(9種類)

1.家屋取り壊し申請書

家屋取り壊しの申請
内容 家屋の全部又は一部を取り壊した場合に必要な書類です。
なお、滅失(取り壊し)登記が済んでいる方は、申請の必要はありません。

備考

昨年中に家屋を取り壊され、申請がまだの方は別途ご相談ください。

2.住宅用家屋証明関係

住宅用家屋証明の申請
内容 住宅用家屋の保存登記、移転登記、抵当権の設定に係る登録免許税の軽減を受ける場合に必要な書類です。
添付書類
  • 租税特別措置法施行令第41条規定により申請する場合
    • 住民票(写し可)
    • 表題登記(写し可)
    • 建築確認申請書
    • 長期優良住宅の場合、長期優良住宅認定通知書(写し可)
    • 低炭素住宅の場合、低炭素住宅認定通知書(写し可)
  • 同第42条第1項規定により申請する場合
    • 住民票(写し可)
    • 表題登記(写し可)
    • 売渡証書
    • 長期優良住宅の場合、長期優良住宅認定通知書(写し可)
    • 低炭素住宅の場合、低炭素住宅認定通知書(写し可)
備考 申請者の居住が「入居予定」の方は申立書が別添必要。
住宅用家屋証明関係

3.固定資産税(都市計画税)減免申請書

固定資産税(都市計画税)減免の申請
内容 近江八幡市条例第71条第2項の規定により、減免を受ける場合に必要な書類です。
備考 納期限までに申請して下さい。
固定資産税(都市計画税)減免申請書

4.相続人代表者(現所有者)指定・変更関係

相続人代表(現所有者)の届出
内容

令和3年1月1日から、近江八幡市税条例第74条の3に基づき、地方税法第384条の3に規定する現所有者の申告書の提出が義務となりました。

現所有者申告制度については次ページをご確認ください。

 

相続人代表者(現所有者)指定・変更届出書

5.未登記物件の名義変更関係

未登記物件の名義変更
内容 相続又は売買による未登記物件の名義変更をする場合に必要な届出です。
備考

押印1ヶ所(相続用)

押印2ヶ所(売買用)

未登記物件の名義変更

6.償却資産申告・種類別明細関係

償却資産の申告

内容

事業の用に供する償却資産をお持ちの方が、地方税法第383条の規定に基づき申告する場合に必要な書類です。

 

償却資産申告・種類別明細関係
固定資産税(償却資産)申告の手引き・記入例

7.住宅耐震改修に伴う固定資産税軽減申告書

住宅耐震改修に伴う固定資産税軽減の申告
内容 住宅耐震に伴って、固定資産税の軽減を受ける場合に必要な書類です。
添付書類 増改築等工事証明書、工事明細書、写真等
備考 改修後3月以内に申告して下さい。
住宅耐震改修に伴う固定資産税軽減申告書

耐震改修に伴い軽減申告する場合にご利用ください。

耐震改修に伴い長期優良住宅に認定された場合はこちらをご使用ください。

8.熱損失防止(省エネルギー)改修に係る固定資産税軽減申告書

熱損失防止(省エネルギー)改修に係る固定資産税軽減申告書
内容 熱損失防止(省エネルギー)改修に伴って固定資産税の軽減を受ける場合に必要な書類です。
添付書類 増改築等工事証明書、工事明細書、写真等
備考 改修後3月以内に申告して下さい。
熱損失防止(省エネルギー)改修に係る固定資産税軽減申告書

熱損失防止改修に伴い軽減申告する場合にご利用ください。

熱損失防止(省エネルギー)改修に伴い長期優良住宅に認定された場合はこちらをご利用ください。

9.住宅のバリアフリー改修に係る固定資産税軽減申告書

住宅のバリアフリー改修に伴う軽減申告
内容 住宅のバリアフリー改修に伴って固定資産税の軽減を受ける場合に必要な書類です。
添付書類 工事明細書、写真等
備考 改修後3月以内に申告して下さい。
住宅のバリアフリー改修に係る固定資産税軽減申告書

バリアフリー改修に伴い軽減申告をする場合にご利用ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 税務課
〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話番号:(市民税)0748-36-5505
(固定資産税)0748-36-5506
ファックス:0748-33-3670
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ