ジェネリック医薬品をご利用ください

更新日:2021年03月26日

ページID 16714

ジェネリック医薬品を利用することで、医療費の自己負担額を軽減できる場合があります。

近江八幡市国民健康保険の加入者のうち、8割近くの方が使用しています。

ジェネリック医薬品とは

医療機関等で処方される薬には「先発医薬品(新薬)」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」があります。

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許が切れた後に厚生労働省の承認を得て製造・販売される、先発医薬品と同一の有効成分を同一量含み、同一の効果を持つ医薬品のことです。先発医薬品と同じ品質を保つことが義務付けられているので、安心して使うことができます。また、先発医薬品に比べて価格が安くなります。

安価な理由

新薬の開発には、長い年月と莫大な費用がかかるため高価となります。しかし、ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許期間が経過した後に製造・販売されるため研究開発にかかる費用を抑えることができる分、先発医薬品に比べて価格が安くなります。薬の種類によって違いますが、5割程度、中にはそれ以上安くなる場合があります。そのため特に薬を併用している人や、長期間服用されている方は、ジェネリック医薬品に切り替えることで、家計の負担を軽くすることができます。

ジェネリック医薬品を希望するときは

ジェネリック医薬品は処方箋が必要な医薬品です。処方してもらうには、医師や薬剤師に相談してください。ただし、全ての先発医薬品に対してジェネリック医薬品が製造・販売されているわけではありませんので、ジェネリック医薬品への変更を希望されても、変更できない場合があります。また、治療内容によっては医師の判断により処方されない場合があります。

ジェネリック医薬品希望シール

国民健康保険証更新時や、国民健康保険加入時にジェネリック医薬品希望シールを配布しています。国民健康保険証と一緒に提示することで、ジェネリック医薬品を希望する旨を簡易に伝えることができます。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保険部 保険年金課
〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話番号(保険・年金)0748-36-5501 36-5502(保険料)0748-36-5751
ファックス 0748-33-1717