小中学校ICT教育・整備方針

更新日:2020年01月31日

ページID 7849

小中学校へのICT教育・整備方針について

 本市は、県内他市町に先駆けて平成21年度・平成22年度に小中学校へ電子黒板をはじめとする学校ICT(情報通信技術=Information and Communication Technology)機器を整備してきました。整備後は、各校でICTを活用した授業を展開しており、児童生徒の興味関心の高まりなど一定の成果が見られます。

 さらに、平成27年度には、今後有効なICT機器として期待されるタブレットPCについて、小学校2校(桐原東小学校・武佐小学校)及び中学校(八幡中学校)をタブレットPC研究校として指定し、活用の成果と課題について、研究を進めています。

 また今後は、アクティブ・ラーニングの観点からの授業改善やプログラミング的思考の育成など、次期学習指導要領への対応を踏まえたICT教育環境の整備が求められています。本市では、計画的にICT教育を推進するために、近江八幡市教育大綱並びに近江八幡市教育振興基本計画に基づき「近江八幡市小中学校ICT教育・整備方針」を策定しました。

 本市の子どもたちへ、未来をたくましく生き抜く力を育むため、この方針によりICT教育・整備を推進します。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 教育総務課
〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話番号:0748-36-5539
ファックス:0748-32-3352
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ