水道管にも冬支度を!

更新日:2024年01月23日

ページID 26429

冬の冷え込みが厳しくなると、水道管が凍ってしまい、蛇口をひねっても水が出なかったり、水道管が破裂したりすることがあります。

令和5年1月24日からの大雪及び低温による水道管の凍結等により、多くのご家庭で水道管や給湯器等の破損がありました。

水道メーターから宅内側での漏水による修理費用や水道料金は使用者様のご負担となります。

このような被害を少しでも減らせるよう、次のような対策をおすすめします。

防寒のしかた

1. 屋外の水道管

タオルなどで巻き付けられた水道管

古い毛布やタオルなど、保温効果のあるものを屋外に露出している水道管や蛇口に巻きつけ、その上からビニールを巻いて、雨や雪で濡れないようにしましょう。

 

2. 宅内の水道管

少量の水を出している水道管

蛇口を開け、水を少量流し続けることで、凍結防止につながります。

3. メーターボックス

発泡スチロールなどで囲ったメーターボックス

布や新聞紙、砕いた発泡スチロールなどを隙間に入れることで、内部の保温につながります。

水道が凍って出ないとき

水道管の上から水をかけている

自然にとけるのを待つか、凍った部分にタオルなど布をかぶせて、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてください。

熱湯は絶対にかけないでください。

水道管が破裂するおそれがあります。

宅内配管の漏水について

漏水の確認方法・修理・漏水による使用水量の減量については、下記のリンクをご参照ください。

令和5年1月24日からの大雪及び低温の影響により、1000立方メートルを超える水量の漏水が測定されたご使用者様もみられました。

これら漏水の影響を受け、1月末には皆様に節水の協力の依頼もしていたところです。これら被害を抑えるためにも、早いうちに水道管の冬支度をよろしくお願いします。

また、宅内の漏水について、条件を満たすと、漏水による使用水量を減量できる制度もございます。詳細については上記リンクをご参照ください。

空家やマンション・アパートの管理者様へ

空家の管理をされている方や近江八幡市を長期的に離れる方は、事前に凍結防止対策をしておきましょう。

また、マンション・アパートの管理者様は、受水槽の凍結防止対策(凍結防水テープ、保温緩衝材等)をしておきましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

水道事業所 上下水道総務課
〒523-0893 滋賀県近江八幡市桜宮町214番地10

経営グループ
電話番号:0748-36-5534

業務グループ
電話番号:0748-36-5536

水道事業所 お客様センター
電話番号:0748-36-5548​​​​​​​​​​​​​​