届出時の本人確認について

更新日:2020年01月31日

ページID 6939

平成16年2月1日から、「婚姻」「離婚」「養子縁組」「養子離縁」などの届書を提出する際に、窓口でご本人確認のために本人確認書類を提示いただくことになりましたので、御協力をお願いします。

全国的に、本人の知らない間に第三者から虚偽の婚姻届や養子縁組届などが出され、婚姻させられたり、養子になったりする事件が発生しています。

滋賀県内各市町では、虚偽の届出未然防止、また、万が一虚偽の届出がなされた場合には、これを早期に発見するために、本人確認を行っています。

本人確認のため、届出された戸籍の届書に記載されている届出人全員に、戸籍の届出を受理した旨のお知らせを送ります。なお、戸籍の届書を持参された際に本人確認書類の提示があった場合は、お知らせは送りません。

なお、この届出によって姓が変わる場合は旧姓で、届出日以降に住所変更されている場合は旧住所へ送りますので、御了承ください。  

市民の皆様の御理解と御協力をお願いします。  

本人確認のために提示いただく本人確認書類とは、運転免許証・個人番号カード・パスポート・在留カード・住民基本台帳カード(写真付き)です。

なお、休日や夜間等に戸籍の届出を提出された場合は、本人確認はしません。  

参考

虚偽の戸籍届出は、刑法第157条の公正証書原本不実記載の罪にあたり、5年以下の懲役または50万円以下の罰金となっております。

この記事に関するお問い合わせ先

市民部 市民課
〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話番号:0748-36-5500
ファックス:0748-33-1717
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ