離乳初期(5~6か月頃)

更新日:2020年01月31日

ページID 7091

離乳初期(5~6か月頃)のポイント

  • 1回食 ゴックン(くちびるを閉じて飲み込むトレーニング)期
  • 赤ちゃんの様子をみながら、1日1回1さじずつ始めましょう
  • 「おかゆ」からはじめ、慣れてきたら「じゃがいもや人参等の野菜」、さらに慣れたら「豆腐や白身魚、固ゆでした卵黄」と種類を増やしましょう
  • 離乳食を飲み込むこと、その舌ざわりや味になれることが、この時期の主な目的です
  • 離乳食を開始して1か月過ぎたころから、「主食・主菜・副菜」を組み合わせた食事にしましょう

10倍がゆの作り方

鍋で炊く方法

「離乳食に挑戦10倍粥のかんたんレシピ」のyoutubeタイトル写真
  1. 米大さじ2をとぎ、水300ミリリットルを加えて30分おく。
  2. ふたをして、強火で炊く。
  3. 沸とうしたら弱火にして約40分炊く。
  4. 火を止めて約10分蒸らす。

「ごはん」から「10倍がゆ」をつくることもできます。

  1. ごはん大さじ2、水150ミリリットルを鍋で炊く。
  2. 沸とうしたら弱火にして約20分炊く。
  3. 火を止めて約10分蒸らす。

炊飯器で炊く方法

  1. 洗った米小さじ1杯と水50ミリリットルを耐熱容器に入れて、炊飯器でご飯を炊くときに一緒に炊く。

高圧で炊くタイプの炊飯器は、中に入れた耐熱容器が破損する場合があるため、販売店や製造元に耐熱容器が使用可能か確認してください。

つぶしがゆの作り方

  1. おかゆを、すり鉢でなめらかになるまですりつぶす。
  2. 粘りがでてくるので、湯冷ましでトロトロになるようにのばす。

ゴックンに慣れたら、すり鉢を使わず、スプーンの背でつぶしましょう。

昆布だしのとり方

材料:水400ミリリットル、昆布4グラム

  1. 昆布をキッチンペーパーで軽くふく。昆布を水に入れて30~60分おく。
  2. 鍋を火にかけ、沸とうする前に火を止め、昆布をとりだす。

だしで煮込んだ食材は、おいしさがより引き立ち、赤ちゃんの味覚を育てます。

水とカットした昆布を入れ、ガスコンロにかけた鍋の写真

レシピ

離乳食レシピ(にんじん、豆腐)

レシピ

おとなごはんと一緒に作る離乳食

箸を添えたお盆の上の器に盛りつけられた大人ご飯、ご飯、カレイの煮つけ、ピーマンのおかかマヨネーズ和え、みそ汁の写真

おとなごはん

  • ご飯
  • カレイの煮つけ
  • ピーマンのおかかマヨネーズ和え
  • みそ汁
スプーンとフォークを添えたお盆の上の器に盛りつけられた離乳食、10倍がゆ、カレイ煮カボチャのぽってり煮の写真

離乳食

  • 10倍がゆ
  • カレイ煮
  • かぼちゃのぽってり煮

この記事に関するお問い合わせ先

子ども健康部 健康推進課(市民保健センター)
〒523-0894 滋賀県近江八幡市中村町25
電話番号:0748-33-4252
ファックス:0748-34-6612
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ