インフルエンザ予防接種の費用助成を実施しています

更新日:2020年09月29日

ページID 16002

  今冬の季節性インフルエンザ流行期に、新型コロナウイルス感染症の同時流行が懸念されています。そのため、今冬に限り、高齢者等、中学3年生以下の子どもと妊婦に対してインフルエンザ予防接種費用の一部を助成します。

 

注意事項

  高齢者インフルエンザ予防接種は、個人予防を目的とした予防接種法による定期接種であるため、接種により重い副反応が生じた場合、予防接種法に基づく救済制度があります。しかし、子ども・妊婦のインフルエンザ予防接種は、予防接種法に基づかない任意接種です。ワクチン接種により入院が必要な程度の健康被害が生じた場合は、「独立行政法人医薬品医療機器総合機構法」に基づく救済を受けることができますが、予防接種法による救済とは給付額が異なります。

  また、インフルエンザワクチンは、重症化予防などの効果がある一方で、発病を防ぐわけではなく、接種時の体調などによって副反応が生じる場合があります。接種前に医師と相談の上、接種いただくとともに、接種後に体調に異変が生じた場合は医療機関にご相談してください。

  接種を希望される方は、これらのことを十分に理解の上、接種するかどうかを決定してください。

1.高齢者インフルエンザ予防接種

対象者

接種日に近江八幡市に住民登録のある以下の人

  1.   接種日に満65歳以上の人
  2.   60歳以上65歳未満の人で心臓・腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害がある人、またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいのある人(身体障がい者手帳1級相当)。

自己負担金

420円(令和2年度に限り、自己負担額を1,000円補助します。)

生活保護世帯の方は無料(10月初旬に無料券を送付します。)

助成期間

令和2年10月1日(木曜日)から令和3年2月28日(日曜日)まで

接種推奨期間は10月1日(木曜日)から令和2年12月31日(木曜日)まで

実際の接種期間は、医療機関に確認ください。

実施医療機関

事前に接種日時を医療機関にお問い合わせください。

・上記の表以外で、「滋賀県予防接種広域化事業」に協力している実施医療機関でも接種することができます。事前に申請手続きが必要なため、2週間前までに健康推進課までお問い合わせください。

・滋賀県外で接種される場合は、事前申請が必要です。接種1か月前までに健康推進課に申請してください。

2.中学3年生以下の子どもおよび妊婦のインフルエンザ予防接種

対象

接種日に近江八幡市に住民登録のある以下の人

  1. 中学3年生以下の子ども(平成17年4月2日生まれから接種日当日に生後6か月以上の者)

  2. 妊婦

接種回数・費用

1人1回限り、接種費用の1,000円(ただし、1回目の接種日当日に13歳未満の場合は2回)

助成対象・接種期間

上記対象者で、令和2年10月1日(木曜日)から令和3年2月28日(日曜日)までにインフルエンザ予防接種を受け、令和3年2月末日(市が契約している医療機関以外で2月に接種した方は翌月末日)までに申請された方。

(接種の推奨期間は令和2年10月26日(月曜日)から令和2年12月31日(木曜日)です。なるべくこの期間で接種していただくようご協力をお願いします。)

予防接種の受け方と助成方法

上記一覧の実施医療機関で受ける場合

  1. 医療機関へ予約をする。
  2. 接種する際に、医療機関へ「別記様式第1号 近江八幡市インフルエンザ予防接種費用助成金申請書兼代理受領委任状1」「インフルエンザ予防接種問診票2」に必要事項を記載し提出する。
  3. 接種後、医療機関が設定した金額から1,000円を差し引いた金額を支払う。

 

上記一覧の実施医療機関以外で受ける場合

  1. 医療機関へ予約をして予防接種を受ける。

  2. 接種後医療機関が設定した金額を支払う。

  3. 令和3年2月末日(2月に接種した方は翌月末日)までに、以下の書類をそろえて健康推進課へ申請する。

 ・「別記様式第2号 近江八幡市インフルエンザ予防接種費用助成申請書兼請求書3

            ・接種した医療機関の領収書(インフルエンザ予防接種と分かるもの)

            ・予防接種の記録が記載されているもの(予防接種済証、母子健康手帳等)

            ・振込先の通帳の写し4

            ・朱肉を使う認め印(シャチハタ不可)

 

1、2、3下記よりダウンロードが可能です。

2予診票については基本的には接種医療機関にあるものを使用していただきます。医療機関に在庫がない場合等は下記よりダウンロードしてご使用ください。製薬会社別にいくつか載せていますので、使用される場合は医療機関に確認しご利用ください。

3、4申請者と口座名義人は同一の方でご記入ください。

 

 

 

 厚生労働省より、インフルエンザワクチンが、より必要とされている方に確実に届くように時期をずらしての接種依頼がありましたのでご協力をお願いします。           

接種時期
10月1日から

 65歳以上の方(定期接種対象者)

・65歳以上の方のほか、60歳から65歳未満の慢性高度心・腎・呼吸器機能不全者等

上記以外の方は、10月26日まで接種をお待ちください。65歳以上の方の接種ができるようご協力をお願いいたします。

10月26日から

 医療従事者、基礎疾患を有する方、妊婦、生後6か月から小学2年生

(近江八幡市のインフルエンザ予防接種費用助成対象者と若干違いがありますのでご注意ください)

上記以外の方も接種できます。

  • 感染防止の3つの基本である1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いの徹底もお願いします。
  • インフルエンザワクチンは重症化予防などの効果がある一方で、発病を必ず防ぐわけではなく、接種時の体調などによって副反応が生じる場合があります。医師と相談の上、接種いただくとともに、接種後に体調に異変が生じた場合は医療機関にご相談いただくようお願いします。
  • インフルエンザワクチンの供給量には限りがあります。
  • お示しした日程はあくまで目安であり、前後があっても接種を妨げるものではありません。

この記事に関するお問い合わせ先

子ども健康部 健康推進課(市民保健センター)
〒523-0894 滋賀県近江八幡市中村町25
電話番号:0748-33-4252
ファックス:0748-34-6612
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ