埋蔵文化財に関すること

更新日:2020年01月31日

ページID 7113

近江八幡市内の遺跡の調査研究・保護・紹介に関することを案内します。土地の現状を変えるような工事の前に、その土地にある遺跡を保護するための発掘調査などをおこなっています。

埋蔵文化財届出書類の様式がここでご覧いただけます。

届出様式の書き方見本になります。よく読んでから記入いただきますようよろしくお願いします。

埋蔵文化財の届出様式は様式アから様式オまで5つあります。様式アから様式ウまでは1部、様式エと様式オは2部提出をお願いします。

埋蔵文化財包蔵地分布地図

埋蔵文化財包蔵地分布地図がインターネット上で閲覧できます。

下記、関連コンテンツからご覧ください。必ず注意事項をお読みになってからご利用ください。

詳細な位置関係を確認するときは倍率を400~600%ぐらいまであげてください。

平成23年2月23日地図を更新いたしました変更にご注意下さい。

ファイルが大きいのでブロードバンド対応の方がご利用されるようおすすめいたします。

お願い

 土地の現状を変えるような工事を計画されたとき、その土地に遺跡があれば事前の届出が必要となります。

 やむを得ずその工事で遺跡が壊される恐れがあるときは、事前に発掘調査をしなければなりませんが、遺跡が今後も残されるような工事の場合、調査をしないこともありますので、土地の現状を変えるような工事を計画されたときは、気軽に市役所文化観光課にご相談ください。 計画をされた土地に遺跡があるか、どのような手続きが必要かお知らせいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 文化観光課
〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話番号:(文化財、文化振興)0748-36-5529
(観光政策)0748-36-5573
(ふるさと納税)0748-36-5587
ファックス:0748-36-5882
(ふるさと納税)0748-32-3919
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ