行財政改革の進捗状況について(平成30年度までの取り組み状況)

更新日:2020年01月31日

ページID 7378

行財政改革の取り組み状況をまとめました

本市では、前期行政改革大綱(取組期間:平成22年度~平成26年度)の3本柱を引き継いだ第2次行政改革大綱及び具体的な取り組みを示す「行財政改革プラン」を平成28年3月に策定し、更なる行政改革に取り組んでいます。このたび、平成30年度までの取り組み状況について計画項目ごとに取りまとめましたのでお知らせします。

取組期間

平成27年度から平成31年度までの5年間

第2次行政改革大綱

3つの基本方針

つなぐ改革
  1. 市民と行政が協働してまちづくりを進められるように、行政の役割や責任を明確にした市政の確立
つづける改革
  1. 市民が誇りに思え、満足できるまちを創っていけるための、持続可能な財政基盤の確立
たかめる改革
  1. 時代の要請に的確に対応できる組織づくりと人づくりによる組織力の向上

行財政改革プラン

3つの基本方針に沿った「つなぐ改革」・「つづける改革」・「たかめる改革」に基づく、17の取り組み項目に見合った23の具体的方策を定め、それぞれに目標(値)を設定し、近江八幡市行政改革推進委員会による外部からの検証と意見を受けながら達成に向けて取り組んでいます。計画項目ごとの取り組み状況の詳細については、下記PDFファイルをご覧ください。

近江八幡市における行財政改革の取り組み状況

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 行政経営改革室
〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話番号:0748-36-5599
ファックス:0748-32-2695
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ