認知症事業を紹介します

更新日:2023年04月27日

ページID 10680

認知症啓発事業

認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を見守る人を増やし、地域で誰もがいきいきと暮らせることを目指して、地域の団体や、企業、学校などに出向き、啓発を行っています。
認知症啓発講座の講師役となるキャラバン・メイトの育成・支援を行っています。
啓発のご相談は、長寿福祉課(電話番号31-3737)までお問い合わせください。

もの忘れ相談会

『鍵、財布、メガネなど探し物をよくするようになった』、『家族に何度も同じことを言うと言われる』、『予定を忘れることが多くなった』・・・こんなことはありませんか?また、ご家族からみて、『頼みごとをしたのに忘れている』といったもの忘れだけではなく、『場面や状況変化に対応しにくくなっている』、『こだわりが強くなったような気がする』といった変化を感じることはありませんか?

今までと比べ、何らかの変化が感じられる場合は認知症予備軍かもしれません。
認知症は病気になる前から、変化を感じ始めた早期から対応することが大切です。
もの忘れ相談会ではタッチパネルで簡単にチェックできます。(認知症の診断ではありません)

チェックの後、普段のご様子をお伺いしながら、必要に応じ相談会の後も相談対応をさせていただきます。普段の生活の中で、ちょっとした変化やご心配なことがあればぜひお越しください。

【対 象】近江八幡市民で、初めてもの忘れ相談会に参加される方
(過去に参加された方については別日をご案内させていただきます)

【定 員】各日 午前12名、午後10名

【費 用】無料

【場 所】総合福祉センター ひまわり館 2階

【その他】完全予約制です。お電話などでお申し込みください。
タッチパネル実施後、個別に結果を説明します。(認知症の診断ではありません)

もの忘れ相談会日時

【日 程】令和5年7月12日(水曜日)、11月16日(木曜日)

【時 間】午前9時00分から11時30分  午後1時30分から3時30分
時間は1人30分程度です(多少前後する可能性があります)

 

この記事に関するお問い合わせ先

福祉保険部 長寿福祉課
〒523-0082 滋賀県近江八幡市土田町1313
電話番号:0748-31-3737
ファックス:0748-31-3738
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ