改訂版 新型コロナウイルス感染症における『出席停止措置並びに臨時休業の実施』等の対応(令和3年9月1日現在)

更新日:2021年09月02日

ページID 15217

令和3年8月27日に、文部科学省が、「学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドライン(第1版)」を取りまとめました。

つきましては、近江八幡市教育委員会では、今後は、以下に示す対応を基本として、学校での感染拡大防止に取り組みますので、お知らせします。

なお、今後の文部科学省からの新たな通知等で変更になる場合があります。

児童生徒及び教職員が感染した、または濃厚接触者と特定された場合

感染者の確認・学校の認知

児童生徒や教職員の感染が確認された場合は、本人・保護者から、また関係機関を通じて学校に連絡が入ります。

感染者・濃厚接触者の「出席停止」

児童生徒・教職員が感染者と判明、もしくは濃厚接触者に特定された場合には、該当者を「出席・出勤停止」とします。

「出席・出勤停止」の期間

  • 感染者については、医師が治癒したと判断するまでの期間
  • 濃厚接触者については、感染者と最後に濃厚接触をした日から2週間

本人以外の家族が濃厚接触者と特定された場合

  • 保護者の申し出により出席・出勤停止措置可
  • 感染レベル2・3では、出席・出勤停止をお願いします。

 

保健所による調査・結果判明・全体把握及び消毒作業のための「臨時休業の実施」

【保健所の調査】

   保健所が、感染者の行動履歴把握等必要な情報を収集(調査)し、濃厚接触者の特定等を行い、その結果を基に感染状況を把握します。

【感染エリアの消毒作業】

    保健所と連携し、当該感染者が活動した範囲の施設と物品を消毒します。

【臨時休業の範囲】

    保健所や学校医等と相談し、規模(学級・学年・学校)を判断します。

【休業の期間】

    数日程度(土曜日・日曜日・祝日含む)

    臨時休業時の臨時預かりはありません。

設置者による臨時休業の要否の判断

    設置者が、保健所の見解や学校医等の助言を踏まえ、学校の全部または一部(学級・学年)の臨時休業の要否を検討します。

(学校内で感染が広がっている可能性が『低い』と判断した場合)学校教育活動の継続

状況に応じて感染リスクの高い活動の見直し等を行いながら、学校教育活動を継続します。

(学校内で感染が広がっている可能性が『高い』と判断した場合)感染拡大防止のための 「臨時休業の実施」

【臨時休業の基準】

    ・「学級閉鎖」
      以下のいずれかの状況に該当するようなとき

    (1)同一の学級において新たに複数の児童生徒等の感染が判明した場合
    (2)新たに1名の感染者が判明し、複数の濃厚接触者が存在する場合
    (3)新たな感染者が1名であっても、周囲に未診断の風邪症状等を有するものが数人いる場合
    (4)その他、設置者で必要と判断した場合

    ・「学年閉鎖」
     複数の学級を閉鎖する等、学年内で感染が広がっている可能性が高い場合

    ・「学校全体の臨時休校」
     複数の学年を閉鎖する等、学校内で感染が広がっている可能性が高い場合

【休業の期間】 5日程度(土曜日・日曜日・祝日を含む)

    ・感染の把握状況、感染の拡大状況、児童生徒等への影響を踏まえて判断します。
    ・臨時休業時の臨時預かりはありません。

臨時休業後における学校の再開

感染リスクを可能な限り低減しつつ、学校教育活動を再開します。

 

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育課
〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話番号:0748-36-5531
ファックス:0748-32-3352
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ