風水害から命を守る避難行動

更新日:2020年06月04日

ページID 14717

風水害から命を守るために

日頃からの心得

災害時には「自分の命は自分で守る」という意識を持ち、家庭や地域で日頃から防災についての関心を高め、備えをしておきましょう。

  • 気象情報や市が発令する避難情報を知り、避難を開始するタイミングについて考えておきましょう。
  • 食糧・飲料水・衣類・貴重品などの非常持ち出し品を準備しておきましょう。
  • 停電に備え、懐中電灯や携帯ラジオなどを準備しておきましょう。
  • 日頃から安全な避難経路と避難場所を確認しておきましょう。また、側溝やマンホールなど冠水・浸水時の危険箇所を把握しておきましょう。

避難が必要なときは

台風等で被害が予想される場合、まずは冷静にどこへ行けば安全が確保できるかを考え、必要に応じて避難所に避難しましょう。

 

<松阪市HPより引用>

 

安全を確保する行動とは

安全を確保するための行動としては、以下のようなものがあります。

  • 自宅などの居場所や安全を確保できる場所に留まる「待避」
  • 自宅の2階や建物の高層階に移動する「垂直避難」
  • 土砂災害の場合は、崩れるおそれのある場所から遠くの部屋(できれば2階以上)に避難することも有効です。
  • 避難所や親戚の家など少しでも安全な場所に避難する「水平避難」

例えば、夜間の移動や道路がすでに冠水している場合など、避難所に行くことがかえって危険な場合には、自宅の2階以上へ「垂直避難」を行うなど、状況に応じてより安全な行動をとるようにしてください。

3つの密(密閉・密集・密接)を避けるために

避難所に多くの人が集まると、3密(密閉・密集・密接)の状態になりやすく、新型コロナウイルスの感染リスクが高まります。

親戚や知人の家に避難するなど、災害だけでなく感染症にも備えた安全な行動を検討しましょう。

国(内閣府・消防庁)においても、新型コロナウイルス感染症が収束しない中での避難行動について、チラシを作成されておりますので、台風シーズンに備え、ご確認くださいますようお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

市民部 危機管理課
〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話番号:0748-33-4192
ファックス:0748-33-4193
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ