ごみのポイ捨て・不法投棄は犯罪です!

更新日:2020年05月11日

ページID 14015

ごみのポイ捨て・不法投棄は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」や「軽犯罪法」、「道路法」などで厳しい罰則が定められています

廃棄物処理法 第25条 (個人が不法投棄した場合)

  • 5年以下の懲役若しくは1,000万以下の罰金に処し、またはこれを併科する。
  • 軽犯罪法 第25条 第27条
  •  川、みぞその他の水路の流通を妨げるような行為をした者
  • 公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚物又は廃物を棄てた者に対しては、情状に因り、その刑を免除し、又は拘留及び科料を併科することができる。

 

なお、土地・建物の所有者または管理者は、その場所の清潔を保つように努めるとともに、廃棄物が捨てられた時は、その廃棄物を自らの責任で処理しなければいけません。

 

清掃活動・クリーンパトロール

市では、道路や河川など公共スペースのごみの不法投棄を監視・回収するクリーンパトロールを行っております。

また、地域によっては清掃ボランティア団体が結成され、不法投棄や散在性ごみの回収をおこなっています。

市民一人ひとりが、ごみの適正処理を行い、美しいまちづくりに取り組みましょう。

 

啓発看板の提供

市では、不法投棄の対策として、啓発看板の提供を行っています。希望される団体および自治会がありましたら、担当課(環境課)までお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

市民部 環境課
〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話番号:0748-36-5509
ファックス:0748-36-5882

メールフォームによるお問い合わせ