親子で探る体験ツアー かいものと〇〇のひみつ

更新日:2020年10月23日

ページID 16251

(イメージ)親子で探る体験ツアー かいものと〇〇のひみつ

開催場所・会場
島コミュニティセンターほか
開催日・期間
2020年12月12日
イベントの種類分野
イベント / 子育て
申込み
ハガキまたはメールでお申し込みください。詳細は以下の「申込み」を参照ください。
10月23日(金曜日)から 11月27日(金曜日)
イベントの詳細
内容

今年で4回目となるSDGs子ども特派員スペシャル企画。

「びわこ」「たべもの」「すまい」の3つのテーマから1つを選んで、市内のお店や生産者さんを訪ねます。記者になりきってひみつを探ろう!

こだわりのごはんつき。

対象

市内在住・在学の小学生親子

  • 保護者の参加は1名とさせていただきます。
定員

親子18組(3コース、各6組)、抽選

申込み 10月23日(金曜日)から 11月27日(金曜日)

以下の項目をご記入のうえ、ハガキまたはメールでお申し込みください。

  1. 名前・フリガナ (申込者全員分)
  2. 郵便番号・住所
  3. 小学校名
  4. 学年
  5. 電話番号(日中と当日に連絡が取れる番号)
  6. メールアドレス
  7. 希望のコース(第1希望/第2希望)
  • 厳正なる抽選のうえ、当選者の方のみ後日参加票をお送りします。
関連画像
令和元年度体験ツアーの様子

昨年度の体験プログラムの様子 集合写真

令和元年度体験ツアーの様子

昨年度の体験プログラムの様子 実施の様子

関連ファイル
費用

親子1,500円(追加参加 子ども1人につき+500円)

  • 保険料、昼食代、駐車場代込み
持ち物

当選者の方に後日詳細をお送りします。

内容(午前)

第一部 かいものと〇〇のひみつを探せ!

市内のこだわりのお店を突撃取材!記者になりきってひみつを探ろう!

 

かいものとびわこのひみつ

私たちの大切なびわこ。かいものでびわこを守るお手伝いができるかも。どんなことができるのか一緒に探ってみよう!

  • 株式会社 奥村佃煮・・・沖島の漁師さんが獲ったびわこの魚を、おいしく加工し販売するお店。
  • スミ利文具店・・・文房具とびわこをつないじゃう、昭和23年から続くこだわりの文具店。
  • 食堂ヤポネシア(お弁当)・・・地元の食材を使ったおいしいごはんを、縁側にいるようにくつろいでいただける食堂。

 

かいものとたべもののひみつ

みんなが今日食べた物がどんな方法で作られたか知ってる?タマゴの生まれる場所と野菜の作り方を実際に見て感じよう!

  • タマゴランドミサキ・・・平飼いにこだわり40年!おいしさと安心を追い求めた「ナチュラルエッグ」を販売する鶏舎。
  • 近江園田ふぁーむ・・・生きた土が命をはぐくむ。地球にやさしいやり方で野菜を作る農家。
  • 発酵キッチン 和ちゃ(お弁当)・・・わちゃわちゃ話ができて、発酵食品や地元野菜中心のランチやピタパンが楽しめるお店。

 

かいものとすまいのひみつ

 自然に寄り添う暮らしってどんなこと?自分で考えて生み出す、つくる暮らしのツアー

  • 特定非営利活動法人 碧いびわ湖・・・雨水や太陽など自然の力を利用した暮らしを提案。人も生き物も心地よい世界を目指す。
  • 松井建築・・・自分で建てれば自分で直せる。自然素材で大人も子どもも一緒に家造り。
  • 木下実験室(お弁当)・・・今の畑をそのまま食卓に。自家製テンペと野草や地元の無農薬野菜を主役に様々な食のスタイルを提案。「食べて地球にやさしくなる」をモットーにした自家製粉米粉スイーツと滋賀のおいしいが揃うお店「ショップマドレ」にて受け取り。
内容(午後)

第二部 こんなひみつ見つけたよ!

どんなひみつを見つけたかな?取材でみつけたひみつをみんなに自慢しよう。

問い合わせ先

市民部 人権・市民生活課
〒523-8501 滋賀県近江八幡市桜宮町236番地
電話番号:0748-36-5881/0748-36-5566(市消費生活センター)
ファックス:0748-36-5553
​​​​​​​
メールフォームによるお問い合わせ

電話での申込みは受け付けておりません。

備考
  • お申込みは、一家族一回限り有効です。
  • 密を避けるため、参加者各自の車での移動となります。
  • 参加者には、新型コロナウイルス感染防止にご協力をお願いします。